伊予水引

伊予の水引は、紙の産地として知られる愛媛県東部(四国中央市)で始まりました。
法皇山脈の山間で取れる三椏、楮、豊かな水、そして乾燥作業に適した松原に恵まれて、江戸時代の元結に始まった伊予水引は紙漉きと共に発展してきました。
現在、長野県飯田市と並ぶ水引の二大産地となっています。